ABOUT

ガラス工房まつぼっくり
すべてがオリジナルなガラスペン

制作者松村潔は約10年間の理化学ガラス職人としての修行の後、1995年に酸素バーナーワーク+ボロシリケートガラスの工芸作家として独立しました。その後、ガラス指輪、ペンダント、ワイングラスなどの器からオブジェまでさまざまな作品(商品)を作り続けてきました。そして、この分野のあらゆるノウハウ、技術経験を生かし、縁あって2007年頃よりガラスペンの制作を始めました。その時から一貫してきたこだわりは、すべての面でオリジナルな物作りの姿勢を貫くということです。これはガラスペンだけではなく、私の作る作品に共通しております。



私のガラスペンへのこだわり

1、ガラスペンは、書くための実用的な道具ととらえております。過度な装飾性を排し、使いやすい形とデザインを心がけております。
2、書き味の保証(全てのガラスペンに保証書添付)。
3、ペン先の修理、調整出来ます(特別な事情以外無料です)。
4、トライアングルとクリスタル以外のガラスペンは、中空のガラス管を使っておりますので、軽さも大きな特徴です。特にモールシリーズは約8gしかなく、世界で一番軽いといっても過言ではありません。
5、すべてボロシリケートガラス(軽くて丈夫、修理もできるガラス素材)で出来ております。

バーナーワークとは・・・下のアドレスより動画をご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=jcMMjjkQTaw